バストアップを促す胸もみ体操

胸の発育でお悩みの方にとっておきのバストアップ体操方法をお伝えします。しかしその前に胸の発育が未発達な理由を簡単に説明しますと。胸の中にある乳腺に刺激がいかず女性ホルモンの分泌が不十分なため、胸に脂肪が溜まらず、胸が小さいといわれています。今回紹介する胸もみ体操は、胸の中にある乳腺を刺激して、バストアップを円滑に行うためのものであります。

では具体的に胸もみ体操の説明を行います。まず胸の膨らみのあるポイントを探します。そこを手で抑えて、胸の筋肉ごと上に突き上げるようにゆっくりと揉んでみてください。こうすることによって、胸の中の乳腺と筋肉を刺激してバストアップを円滑に促すことができます。胸もみ体操の回数は胸の脂肪を上に揉むように揉むのを1回として30回を3セットを行うようにしてみてください。実質90回揉む事になります。

バストアップは女性ホルモンの分泌の蓄積による人体的な変化ですので、目に見える成果が現れるまでには時間がかかります。ですので始めの内は効果がなかなか出なくて時間がかかりますが、諦めずに愚直にこの胸ももみ体操を行ってください。またただ胸を揉むのではなくて、牛乳などを飲むことをお勧めします。最近の牛乳は成長ホルモン剤で育て上げた牛の牛乳が主流ですので、牛乳を飲むことで幾分かのバストアップ効果を期待することができます。

胸も未体操を併用しつつ牛乳を定期的に飲むクセを付けてください。だいたい早い人では3ヶ月程度でバストアップ効果が期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です